日帰りのスノーシューコース及び雪山登山コースの持ち物
●ブーツ
足首まであるトレッキングシューズ又はスノーボードブーツ又はスノーブーツ
足首までガードのあるハイカットのトレッキングシューズで、防水性のあるものがベスト!登山用のスパッツ(ゲーター)があれば、さらにベスト!!
その他、スノーボード用ブーツ、足首まであるスノーブーツなどでも大丈夫です。
レンタルシューズ:500円
(要事前予約!またサイズ調整のため、靴下の予備をご持参下さい))
●アウターウエア
登山用レインウエア上下、ハードシェル上下、スキーウエア、ボードウエア等

雪の上では転んだり、滑ったりするので濡れないように、アウターウエアは大切です。
温度調節がしやすくコンパクトで防水性も高いので登山用のレインウェア上下がベストです!(素材はゴアテックス以外の防水素材でも大丈夫です!)
スキー、スノーボードウェアでも構いませんが、暑くなって脱いだ時に少しかさ張ったり、雪で湿りやすいですのでどちらもお持ちの場合は登山用レインウェアをご持参下さい♪

レンタルウエア:1,300円(上下セット、要予約)
(現地で着替えのできるスペースもございます。)

●アンダーウエア
汗をかいても冷たくならない化繊やウールのもの。綿(コットン)のウエアは厳禁です!登山用アンダーウエアがベスト!スポーツ用でもいいです。
●中間着(ミッドウエア)
フリースや毛糸のセーターなど、動きやすくて軽くて暖かいウエアがいいです。
●手袋
スキー用や雪山登山用の厚手の手袋が必要。その他、普段に使う毛糸や化繊の薄手のものもあるとベスト! 
レンタル厚手手袋:200円(要予約)
●帽子
毛糸やフリースのニット帽子で、耳まで隠せる暖かいもの
レンタルニット帽:200円(要予約)
●予備の防寒ウエア(ミッドウエア)
薄手のダウンジャケットなどがあると、ランチタイムに暖かいです!
●サングラスまたはゴーグル
日ざしが強い日は、雪の反射で目が痛くなる場合があります。サングラスやゴーグルがあると安心です。特に高山(2,500m以上の山)へ登る場合は紫外線が特に強いので必ず必要です!
●リュックサック
ドリンクや防寒着などを入れるのに必要です。歩いてると、雪の中でもけっこう暑くなります。そんな時にウエアをリュックサックへ入れます。なお滋賀のスノーシューコースの場合は、2名様に一つでも大丈夫です。
レンタルリュックサック:300円
●ドリンク
喉が渇いた時に自分で飲める飲み物。集合駅前で購入できます。
●ランチ(ランチ付のコースは不要です!)
滋賀エリアのスノーシューコースには、ランチが付いています♪
その他のランチなしコースの場合、熱いお湯はご用意できますので、カップヌードルなどご持参できます。
●その他のオススメグッズ
使い捨てカイロ、デジタルカメラ、日焼け止めクリーム、予備の靴下
スノーシュー&ストック持ち込みの方は、参加費が1,000円引き!
●1泊2日コースの場合は、宿泊用着替え等が必要です。詳細はお尋ね下さい。
●アイゼン(観音峰、三峰山、大山、西穂高などの雪山登山コース)
観音峰、三峰山等は4本〜6本爪アイゼンでも登れます。
西穂高の丸山は10本爪がオススメです。



川・山

〜山・川・雪のガイド専門店〜
AOZORA FUN 青空ファン


TEL:0798-48-3750
FAX:0798-48-0184
〒663-8114 兵庫県西宮市上甲子園1-10-29

吉野川ラフティングツアーの青空ファン


(c) 青空ファン All Rights Reserved